基礎代謝を挙げるダイエット方法でリバウンドのない体へ

基礎代謝の基準値から基礎代謝量を求める

基礎代謝,運動,上げる,食べ物

基礎代謝をアップするダイエットをする前に、基礎代謝の年齢別基準値を知っておきましょう。
自分がどの位基礎代謝がなければいけないのか?
基礎代謝と食事の関係を知っておきましょう。
基礎代謝基準値というのは、体重1kgあたりの基礎代謝量(kcal)の値のことです。
男性、女性、年齢別にきまっています。
たとえば、男性では、年齢1歳〜2歳は、61.0。
3歳〜5歳は、54.8。
6歳〜8歳は、44.3。
9〜11歳は37.4。
12〜14歳は、31.0
そして、15歳〜17歳では27.0。
18〜29歳は24.0。
30〜49歳は22.3。
50歳以上については、21.5というように決まっています。

 


女性の場合も同じように、年齢1歳〜2歳は59.7。
3歳〜5歳は52.2。
6歳〜8歳は、41.9。
9〜11歳は34.8。
12〜14歳は、29.6。
15歳〜17歳では、25.3。
18歳〜29歳は23.6。
30歳〜49歳は、21.7。50歳以上については20.7。
というようにです。

 

例として、40歳で50キロの体重の男性ならば、基礎代謝量は、<体重×基準値>ですから、「50×22.3=1115」となります。
これが、40歳で50キロの体重の女性ならば、「50×21.7=1085」という数字になります。
このように基礎代謝基準値をみてきますと、年齢と性別によって違います。
そして、男女とも基礎代謝量というのは、10代をピークに、年齢とともに少しずつ減り、40代を過ぎると急激に低下します。
また、基準値の年齢の幅が広いので、計算できるというものの、かなり大ざっぱな数値といえるかもしれません。
しかし、標準摂取カロリーというものを考えるときには、この基礎代謝基準値は、必要です。
また、ダイエットで、カロリーコントロールを必要とするときには、基準となる数値から、計算した摂取量を目安にします。
これはあくまでも体重と基準値による計算式になりますが、およその基礎代謝量を知る事が出来るでしょう。
もし自分が基礎代謝が低めだと感じているなら、計算した結果より少なめに考えれば良いのです。
基礎代謝は人が黙っていても消費しているカロリーのことで、ダイエットに適した摂取カロリーではありません。
間違っても基礎代謝ギリギリの食事しか摂らない事は危険です。

 

スポンサードリンク